IR情報

日本マニュアルコンテスト2018「マニュアル オブ ザ イヤー」を受賞

ネポン株式会社(以下、ネポン)は、一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会が主催する「日本マニュアルコンテスト2018」*1において、ネポン施設園芸用温風暖房機(以下、ハウスカオンキ)の「取扱説明書・工事説明書・サポートガイド 3種」が、最も優れたマニュアルに贈られる「マニュアル オブ ザ イヤー2018」を受賞しました。
また、「業務部門 紙 部門優良賞」「実行委員特別賞」「安全賞」も受賞しています(8月28日発行情報)。
なお、農業用機器メーカーとしては、はじめての受賞となります。

受賞したハウスカオンキの説明書は、従来の1冊であったものを、3分冊(施工工事業者向け説明書、使用者向け取扱説明書、サポートガイド)に作り直したものです。
より安全に安心してご利用いただけるよう、以下のポイントを中心に改善しました。
1.分冊化により、説明の対象者を明確にしたこと
2.「わかりやすさ」の実現に向け、テクニカルコミュニケーションの基本技術に則して、使用説明を見直したこと
3.使用者のリスクに対する認識を高める工夫を施したこと
4.トラブル発生時の対処について、使用者が何をすべきなのか、どこに連絡するのかを明確にしたこと

マニュアルオブザイヤーの受賞に際し、審査委員より次のような評価をいただきました。
「経験豊富なマニュアル制作者や部署担当者からすれば、いずれも基礎基本にあたる事項を遂行しただけと思うかもしれない。しかし、マニュアル制作(テクニカルコミュニケーション技術)が十分とは言えない環境の中で、制作担当者が自ら研鑽を積み重ね、使用される農業現場を具体的に理解し、使用者の安全と安心を確保したいという思いを、マニュアルの改善に結実させており、そのプロセスをも含めてマニュアルオブザイヤーに値すると考える。
さらに、産業機器に分類されるであろう製品の取扱説明書、施工工事業者向けの取扱説明書が、マニュアルオブザイヤーを受賞することは、人口減少や高齢化など社会構造の変化に伴う使用者・施工工事業者の変化を反映したものでもあり、同時にテクニカルコミュニケーションワールドの広がりを実感するものだといえる。
本マニュアルがマニュアルオブザイヤーとして表彰されることの意味と意義が広く発信されることを期待する。」

ネポンでは、この説明書で培ったノウハウを新しい製品にも順次展開していきます。
さらに、説明書だけでなく、今後も皆様の豊かな生活に貢献できる製品の提供に努めてまいります。

*1 「日本マニュアルコンテスト」は、日本で唯一の使用情報に関するコンテストで、その制作技術と品質を向上し、使用者に安全でわかりやすい製品の使いかたが提供されることを目指しています。


■一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会「日本マニュアルコンテスト」
https://www.jtca.org/tc_award/index.html

test